おせちにおけるカマボコの意味

おせちは様々な具材をいちどに食べることができる上、見た目も美しいことからお正月の楽しみとして日本人からとても人気があります。その中でも、今回はかまぼこについてお話させていただこうと思います。

そもそもおせちでかまぼこを食べると言うことには意味があります。紅白かまぼこが、おせちに入っている理由としては複数の理由があります。1つには紅白かまぼこの形が机の上に似ていることになります。ほかには白い部分が清浄を表し、紅の部分は魔除けの意味があると言われています。

ここからはおせちにおけるかまぼこの、楽しい食べ方についてお話ししたいと思います。ぜひ家庭でおせちを食べる際にしていただきたいことがあります。それは何かというと、かまぼこの飾り切りです。これはインターネット検索をすると様々な方法がでてきます。

このことをすることによって、見た目にも美味しく紅白かまぼこをおせちの具材として楽しむことができます。ぜひ興味がある方はいちど試してみてください。

栗きんとんのレシピ

おせちには様々な具材が入っており、私たちを楽しませてくれます。その中には様々な具材がありますが、今回は栗きんとんについてお話しさしていただこうと思います。甘みがあり人気の高い栗きんとんですが、家庭で作ろうとすると作り方がわからないという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

まず最初はサツマイモの皮剥きます。その後サツマイモを切り、ボウルに入れます。この時にボウルにはサツマイモの他に水とミョウバンを入れます。これがアク抜きに当たります。

次は鍋に水をきったサツマイモと水、甘露煮のために使う甘いシロップを入れて10分ほど弱火で煮続けてください。その後はザルにあげて水けを取り、サツマイモをつぶしていきます。その後は熱を少し加えながら、砂糖を加えつつ行えば完了です。

このステップを踏んで栗きんとんを作れば、きっと美味しい栗きんとんをご家庭で作ることが可能でしょう。
ぜひお正月はご自宅で作ってみてください。

黒豆の作り方は?

おせちにおいて欠かすことのできない食材が黒豆です。これは世代を問わず人気がある食材です。しかしこれを手作りする人は、今は少なくなってきてしまいました。そこで今回は黒豆を手作りする際のアドバイスをさせていただこうと思います。

まずは黒豆を煮ることから始めます。ポイントとしては黒豆と砂糖、水の割合を1対1対6の割合にして4時間ほど煮ることです。

ここから詳細な作り方を説明していきます。最初は豆を戻すことから始めます。豆の6倍の量の水に黒豆を入れ、10時間ほどおいていきます。これで豆を戻すことは完了です。

戻すことが終わったら次は砂糖を入れます。砂糖を入れたら最初の10分程度は中火で煮込みます。

その後はじっくり弱火で3,4時間煮込み続ける必要があります。その後、少しだけ醤油を加えて味を調えましょう。

このステップで黒豆は完成です。時間が結構かかるため作るのに躊躇してしまうかもしれません。しかし、人気のおせちの具材でもある黒豆をご家庭で作ることができれば素晴らしいと思います。