月別アーカイブ: 2013年9月

おせちにおける数の子の意味

おせちにおいて最も人気のある具材は、数の子でしょう。数の子を贅沢に食べる機会というのは1年を通してそうそうあるものではありません。しかしお正月ならば贅沢に数の子を食べることができます。数の子はあの食感、味、見た目どれをとっても魅力的な食材です。

そもそもなぜ数の子がおせちに入っているのでしょうか。しっかりとその意味はあります。数の子には子孫繁栄の願いが込められていると言われています。ですからそのような意味を理解した上で食べると良いでしょう。

数の子は家で簡単に作ることができますが、現在では市販されている物買ってきておせちの重箱に入れる場合が多いようです。しかし家で作るのもそう難しいものではありませんので、是非時間がある場合は家でも作ってみてはいかがでしょうか。

子孫繁栄と言う意味も込められている食材がありますので、その願いを込めて家で作るというのも非常に意味があります。ぜひ興味がある方は家で作ってみてください。