様々なお煮しめの特徴

お正月に食べるおせちは、様々な具材を見て目にも美しく食べることができるため非常に人気のある料理です。その中でも、地域に限らずお煮しめは確実に入っているのではないでしょうか。お煮しめがおせちに入っている意味としましては家族円満になるようにという願いが込められているからだそうです。

根野菜が入っているのは家族の土台がしっかりと根を張るようにという願いが込められており、レンコンは極楽浄土にある植物の代表として汚れのないものとして入っています。また里芋は子宝に恵まれるようにという意味を込め入れられています。

これら以外にも住地域によって様々な具材がお煮しめには入ります。それらには様々な意味があり、様々な味があります。地域によって最も大きく味が異なるのがお煮しめなのではないかと思います。しかし、味はどこも美味しく是非家で作っていただきたい料理です。

今回の話に興味を持った方はぜひおせちを作る際には、家でお煮しめを作ってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です