おすすめ投稿

人気のおせちの具材

おせちは様々な具材が入っており、私たちを楽しませてくれます。各家庭で毎年おせちを作るという人は、何の具材を入れるか悩む人も多いのではないでしょうか。そのような方向けに、このサイトでは、おせちの人気の具についてお話させていただこうと思います。

まず人気なのは数の子です。数の子単体を贅沢に食べる機会というのは年間を通してそうあるものではありません。お正月ぐらいは贅沢に、あのプチプチの食感を楽しむのもいいでしょう。何と言っても味よし食感よしで文句なしの具材です。

また、錦玉子も人気があるようです。手作りしようとすると少し難しい錦玉子ですが、人気があると分かっていれば頑張って作ってみようという気にもなります。

他には伊達巻や黒豆も年代を問わず人気があります。伊達巻はおせち以外ですと、あまり食べる機会もないため珍しさと見た目の美しさ、そして味も良いため人気があるようです。黒豆は若い世代ですと、これまたおせち以外だと滅多に食べることがないということもあり人気が高いようです。

このようにちょっと挙げるだけでも、色々な美味しい食材がお節料理には使用されています。それでは、次のページ以降では、もっといろいろと掘り下げて見ていきましょう。

今度のお正月は最高のおせちでお祝いしたいと計画しているのなら、有名料亭のおせちはいかがでしょうか?吉兆やなだ万、つきぢ田村や青柳など、超有名料亭のおせちをこの機会にというのも良いかもしれませんよね。料亭おせちについて詳しく知りたいならここをチェックされてはいかがでしょうか。

詳しくは ⇒ 東京の老舗料亭おせち

 

伊達巻

私が好きなおせち料理は、やっぱり日本の伝統的なおせち料理です。中でも伊達巻が一番好きで、食べるととても幸せな気持ちになります。ないとお正月が来た気がしません。

伊達巻は、一説によると「伊達政宗」の大好物だった事からその名がついたそうです。私の父方の先祖が伊達政宗の家老付きの家来だったそうなので、伊達巻を好きになったのも縁を感じます。

伊達巻は市販の物を再現しようとすると難しいので、はんぺんを使った伊達巻もどきの卵焼きを作ることもありますが、市販の物よりは甘みを抑え目にしてあるので、物足りない人もいることでしょう。

普段もはんぺん入りの卵焼きを作ることがありますが、その応用です。だしをほんの少し入れてあるので、すこし塩味を感じるかもしれません。

日本のおせち料理は、一つ一つの料理に意味があるので、毎年それを思い出しながら味わっています。父と弟が一緒なので、自分だけ好物を食べるわけにはいきません。出来るだけ不公平にならないように、気を遣いながら食べています。

 

黒豆と栗金団

<証言 一人目>

私が好きなおせちは黒豆と栗金団(きんとん)です。私の家族は8人家族で毎年自分たちで作っています。おせちを買ったことが一度もないのでパンフレットなどを見ると毎年いいなあとは思いますが作るのはそれはそれで楽しいです。基本的に食事を作るのは母と祖母なのですがおせちだけは何年たっても変わらず家族みんなで作っています。

小さいときはそうでもなかったですが大人が8人になると作る量も半端じゃなく大変です。私の家族は黒豆と栗金団が特に大好きなのでおせちの中でも作る量が一番多い料理です。おせちの料理には一つ一つ意味が込められているのも面白いと思っています。中でも特に印象的なのは「喜ぶ」という意味の込められた昆布巻です。

私は好き嫌いが多くおせちの中にも嫌いな料理がいくつかありますがいい意味が込められた料理ばかりなので頑張って食べるようにしています。まだ私一人では作れないおせち料理も多く少しずつ覚えていっている状態ですがいつか一人で作れるようになれるよう頑張りたいと思います。

<証言 二人目>

おせちというのは食べるのは年に1度だけですし、おせち特有の具材というのはかなり多いように思います。日常ではあまり食べないものが多いのでちょっと特別な感じがして1年の始りには相応しいといえるでしょう。

お せち具材の中で私が好きな具は黒マメと栗きんとんです。基本的に甘党で酢の物系は苦手だったりするし、歯ごたえがある食材よりも柔らかい食材の方が好きな のでおせちを前にしてついつい黒マメと栗きんとんばかり食べてしまいます。家族もそれを知っているので黒マメと栗きんとんは先に自分の分を確保していま す。

最近はおせちは百貨店のモノを頼むのですが、私が子供の頃は母親が作っていて、黒マメはお鍋にいっぱい作ってくれました。だから3が日 が終わっても1月中は毎日黒豆が食事に出たし、一部はタッパに入れて冷凍して保存していたのを、おやつ代わりに私はよく凍ったままの状態で食べていまし た。冬には少々寒いけどコタツで食べると美味しいのでよく食べました。

様々なお煮しめの特徴

お正月に食べるおせちは、様々な具材を見て目にも美しく食べることができるため非常に人気のある料理です。その中でも、地域に限らずお煮しめは確実に入っているのではないでしょうか。お煮しめがおせちに入っている意味としましては家族円満になるようにという願いが込められているからだそうです。

根野菜が入っているのは家族の土台がしっかりと根を張るようにという願いが込められており、レンコンは極楽浄土にある植物の代表として汚れのないものとして入っています。また里芋は子宝に恵まれるようにという意味を込め入れられています。

これら以外にも住地域によって様々な具材がお煮しめには入ります。それらには様々な意味があり、様々な味があります。地域によって最も大きく味が異なるのがお煮しめなのではないかと思います。しかし、味はどこも美味しく是非家で作っていただきたい料理です。

今回の話に興味を持った方はぜひおせちを作る際には、家でお煮しめを作ってみてはいかがでしょうか。

 

おせちにおける数の子の意味

おせちにおいて最も人気のある具材は、数の子でしょう。数の子を贅沢に食べる機会というのは1年を通してそうそうあるものではありません。しかしお正月ならば贅沢に数の子を食べることができます。数の子はあの食感、味、見た目どれをとっても魅力的な食材です。

そもそもなぜ数の子がおせちに入っているのでしょうか。しっかりとその意味はあります。数の子には子孫繁栄の願いが込められていると言われています。ですからそのような意味を理解した上で食べると良いでしょう。

数の子は家で簡単に作ることができますが、現在では市販されている物買ってきておせちの重箱に入れる場合が多いようです。しかし家で作るのもそう難しいものではありませんので、是非時間がある場合は家でも作ってみてはいかがでしょうか。

子孫繁栄と言う意味も込められている食材がありますので、その願いを込めて家で作るというのも非常に意味があります。ぜひ興味がある方は家で作ってみてください。